Follow:

2014/12/14

AntutuでQ10のベンチマークを取ってみた


果たしてQ10は他のAndroidデバイスと比べて性能はどうなのかと思い、Antutuベンチマークを使って計測してみました。

いろんなアプリをバンバン動かすAndroidとは方向性が違うので、比べても意味がないかもしれませんが。

あと、Android版をSnapからインストールしたので、真の性能が発揮されていない可能性があります。






結果


これには流石にびっくりしました。

昔はハイスペック端末として有名だったBlackBerryのフラッグシップモデルも、ここまで落ちぶれたのか...

Galaxy S5が50000台、Nexus 5、LG G3が40000台です。ハイスペック端末と言われるこれらの端末と2倍以上の差が... Orz


結果からわかること

まずは、単純にQ10の性能が悪いこと。

CPUもデュアルコアですし。GPUもAdrenoの225ですから。メモリも2GBだしね。
BlackBerryのフラッグシップモデルなのですから、もう少しスペックをアップしていても良かったのかもしれません。

まあBlackBerry OSには十分なスペックですが。


次に、BlackBerry OSがAndroidアプリをスムーズに動かせないこと。

Antutuはいわば移植を行ってBlackBerryで動かしたわけですから、少しはスコアが悪くなりそうなものですが、純Androidを積んでてこのスペックだったらもっとスコアは上がるはず。

Androidアプリを動かす環境がまだまだ悪い(スムーズに動かせない)と言えるのではないでしょうか。

たしかに、Q10よりスペックが悪いXperia M(Xperiaの下から2番目モデル)でさえサクサク動くLINEがQ10では非常にもたついています。
たまに戻るボタンが効かなくなったり、送信ボタンが効かなくなったり、ビデオ通話が落ちたりします。

これは次期バージョンで改善してもらいたいです。


12/17に発売されるであろうClassicではどれ程のスコアが出るのか、楽しみです。



0 comments:

コメントを投稿

どしどしコメントをお寄せ下さい

こんな記事もいかが?