Follow:

2015/01/21

EvernoteがOS7&PlayBookのサポートを終了すると発表



非常に残念なお知らせ。

OS10、OS7、PlayBook向けに公式アプリが配布されてきた人気クラウドサービス、EvernoteがOS7とPlayBookのサポートを終了すると発表しました。


アプリの配布、更新ともにサポートしなくなり、どうしてもOS7機、PlayBookで使いたい場合はWEB版Evernoteを使って欲しいとのこと。
そしてできればiOS、Android版のアプリもチェックしてねなんて小言をほざいてます。

そしてこれは多分全プラットフォームでなのでしょうが、名刺アプリのEvernote PeekとよくわからないアプリEvernote Helloを終了させるとな。
PeekはEvernoteの名刺カメラ機能(iPhone、Android)で代用してくれればLinkdinと連携も出来て便利だよとな。←BlackBerryユーザーはまた蚊帳の外ですか。

詳細はEvernote公式ブログで見れます。

もちろんOS10のサポートは継続していくようなので僕は問題ないのですが、今までOS7機の素晴らしいキーボードでメモをとっていた人はClassicなどの機種への移行を考えたほうがいいかもしれません。
クラウドなのでデータは雲の上ですから簡単ですしね。

でも、Evernoteが消えるということはすなわち記憶の一部があやふやにor無くなることを意味するような時代です。
もうすこし粘り強く開発、サポートを続けて欲しかったものですね...

あ、因みに名刺カメラ機能をどうしても使いたい人はAndroid版EvernoteをOS10機に移植して使えば何とかなりそうな予感。

【追記】どうやら標準のウェブブラウザでEvernoteを開くとサポート外と表示されて使えないそうです。残念!!
【追記2】↑で皆さん困ってたら、どうやらevernote.com/mobileでいけるようです。


0 comments:

コメントを投稿

どしどしコメントをお寄せ下さい

こんな記事もいかが?