Follow:

2015/02/04

BlackBerryで動く最軽量Androidブラウザアプリはどれだ!


BlackBerry 10でAndroidアプリが動かせるようになり、OSアップデートの毎に改善が加えられてきていますが、まだまだ動かすのに時間がかかるアプリが多数あります。

今回は1番サクサク動き、ページの読み込みも早く出来るAndroidブラウザを探っていきます。

因みに環境はQ10、OS10.3.1、Wi-Fi接続です。Passportだとスペックが高いのでもう少しサクサク動くかもです。

今回比較するブラウザアプリ


今回使用するのは↑のアプリ共。
海豚、マーキュリー、ヤフーブラウザ、スレイプニール、炎狐、オペラ3種、そして比較のための標準ブラウザです。
Chrome Betaは昔は動いたのですがアップデートしたら起動しなくなってしまい...そんなわけで今回は外します。

なんとなくOpera Classicの圧勝に終わりそうな気がしますが。どうなるのでしょう。

Dolphin Browser

開始早々重たい...検索ウィンドウに文字を入力するのもすこしカクつきます。
あとボタンの少し下をタップしないと反応しない...

ただページの読み込みは速く、GoogleでBlackBerryと検索すると1、2秒で読み込んでくれました。
非常に早い。
スクロールも滑らかに出来ます。

アプリ自体も時間が経てば軽くなってきます。

ジャスチャー機能も普通に使えました。

軽量な部類に入りそうです。

Mercury

こちらも1、2秒でページを読み込んでくれました。でもちょっとドルフィンより体感的に時間かかるかも。
スクロールは滑らか。

アプリ自体は非常に軽い! この点においてはDolphinに勝ってますね。

ヤフーブラウザ

ヤフーを普段から使う人にとっては重宝しそうなブラウザですね。

上記2つと比べるとやや重たい?
最適化オプションというのがあり、最適化(=メモリ解放)をしたらある程度は軽くなり、上記2つと同レベルになりました。

Sleipnir

こちらはページの読み込み、アプリ共にすこし遅く、かくかくしてます。
スクロールは滑らか。

まあでも使い物にはなります。

FireFox

重たそう...と思っていたらやはり重たかった。
「問題が発生したため、FireFoxを終了します」というメッセージがたまに出てきます。

ページは検索ボックスに単語、URLを入力しても読み込んでくれない時がほとんど。
読み込んだとしても数秒〜数十秒かかります。

テーマとか着せ替えできてカッコイイのですが、使えませんね。

Opera Classic

これは低スペック端末向けアプリなのでまあ軽そうと思っていましたがやはり軽い!

ページの読み込み速度的にはドルフィンやマーキュリーとほぼ同じ程度ですがアプリ自体が軽くて操作しやすいです。

あまり特徴のないブラウザですが非常にストレスフリーにWEBが閲覧できます。
個人的にはこれが一番オススメかな...

Opera Mini

Google等がガラケー表示っぽくなっててOS7以前を思い出させますが普通にスマホサイト、PCサイトも見れます。
なんでClassicはGoogleがスマホ表示でこっちはガラケー表示なんだろ。

読み込みも早いですね。Opera Classicと同じです。アプリも軽い。
Classicとの違いがほぼ...無いですね。
ただガラケー表示になるサイトもあったりするのでClassic使ってたほうが無難かもしれません。

Opera

こちらは普通のOpera。

読み込み速度、スクロールはドルフィン、マーキュリーレベルでしょうか。

アプリ自体はやや重いですがそれなりに使えます。
何よりもデータの圧縮ができるので格安SIMとか使ってる場合は重宝するかもしれません。

とまあこんなかんじですが、いかがだったでしょうか。

とりあえずストレスフリーにサクサクWEBを見たいならOpera Classic、データの圧縮をしたいならOpera、あとはドルフィン、マーキュリー、Sleionir辺りは好きなのを使えばいいと思います。

FireFoxだけはやめとけ。

FireFox、Passportならサクサク動くのだろうか...

0 comments:

コメントを投稿

どしどしコメントをお寄せ下さい

こんな記事もいかが?